「手作り」のまとめ(5ページ)

想いとおいしさを詰めちゃおう!愛情いっぱいバレンタイン弁当

もうすぐバレンタイン。定番のチョコもいいですが、普段のお弁当にメッセージやハートを入れて作る「#バレンタイン弁当」がインスタグラムにもたくさん投稿されています。その中から今回は見てるだけでハッピーになれる素敵なバレンタイン弁当をご紹介。今年のバレンタインはお弁当に想いをこめて、家族や彼をドキッとさせちゃいましょう!

今年はおいしく使い切る!訳あり&余りがちなりんごの大量消費レシピ9選

旬の時期には産地からお取り寄せしたり、いただいたりすることも多いりんご。最初はおいしくて毎日のように食べていても、飽きてきたり味や食感が落ちてしまって、気づかないうちに意外と余らせがち。そんなりんごを救済できるおすすめの大量消費レシピをご紹介します。おうちに余っているりんごを全部おいしく使い切りましょう!

【あゆのこどもごはん】大さじスプーンであの形!材料3つで作るクランチチョコ

こどもと楽しむごはんを紹介するあゆ(@a.jinja)さんの連載コラム「あゆのこどもごはん」。連載第2回目の今回は、こどもと楽しむバレンタインレシピを教えていただきました!あゆさんも実際に4歳の娘さんと一緒に作ったそうなので、その様子もレポートしていただきました。バレンタインに向けてぜひ参考にご覧ください!

バレンタインに!ハートのラングドシャクッキーで想いを伝えちゃおう

バレンタインシーズンということで、手作りスイーツを作ろうかなと準備を進めている方も多いですよね。そこで今回は、バレンタインに想いを込めて作りたいハート型のラングドシャクッキーをお菓子絵本作家の上岡麻美さん(@asami_kamioka)に教えていただきました。思わず胸がキュンキュンしちゃうキュートな仕上がりです!

【おうちごはん特別企画】ご当地のお正月料理・第5弾~長崎県~

おうちごはん編集部スタッフの出身地にまつわるお正月料理を、リレー形式でつづる特別企画。第5回目はおうちごはん編集部のmicoが、長崎県のお正月について紹介します。三方を海に囲まれており日本で一番島が多いことで知られる長崎ならでは豊富な海の幸を使ったおせち料理。異国情緒あふれる街で育まれたお正月文化に注目してみました!

【編集部レポ】料理家とWASARA vol.4 ~小粋なアクセントをおせちに~

手作りの風合いを表現した質感と美しいデザインで世界から高く評価されている環境に優しい紙の器WASARA。10周年を迎えた今年、春夏秋と3回開催された「料理家とWASARA」は今回で最終回。WASARAを使ったおせちを植松良枝さんに教えていただきました。WASARAとともに迎える新年、素敵なイベントの様子をご紹介します。

仕込みもので旬をおいしく。春夏秋冬を愉しむ「季節の手仕事」

輸入食品の増加や栽培技術の発達のおかげで、いつでも旬の食材が入手できる時代となりましたが、国産の旬食材で季節を感じてみるのも良いですよね。季節ごとに旬の食材がお店にズラリと並ぶのは春夏秋冬のある日本ならでは。今回はそんな旬の食材を味わい尽くす「季節の手仕事」をご紹介します。

これなら罪悪感なく食べられる!おすすめ豆腐スイーツ8選

甘いものが食べたい!だけどダイエット中だし健康面も気になる……。そんな時は豆腐スイーツがおすすめ。ヘルシーでおいしくて少ない材料で作れるので、手作り初心者さんでもチャレンジしやすいレシピやアレンジがたくさんあるんです。豆腐スイーツを味方につければ、もう罪悪感なくおやつの時間を楽しめるはず!

ゼリーの中に花を咲かせよう!フラワーゼリーの気になる作り方とは

美しすぎるスイーツ「フラワーゼリー」をご存じでしょうか。水の中に花が浮いているような、食べるのがもったいないと思わせるフラワーゼリー。一体どうやって作るの!?と気になる方も多いはず。実は意外と身近な材料でチャレンジすることができるんです!うっとりするほどきれいなフラワーゼリーの魅力に触れてみませんか?

【編集部の思い出づくり】ここにしかない味わい!専門店が作る究極のバターサンド

おうちごはん編集部が食べてみたかったものをお取り寄せする「編集部の思い出づくり」企画。某有名スイーツ店社員だったライターmicoがご紹介するのは、神戸六甲にあるバターサンド専門店 BonbonROCKett の「Cream Sandies」。昨年からずっと気になっていて一度は食べてみたかったのでお取り寄せしてみました!