出典 : @sawadadesign 1本で味が決まる!キャンパーに支持される万能調味料「黒瀬のスパイス」の魅力とは

1本で味が決まる!キャンパーに支持される万能調味料「黒瀬のスパイス」の魅力とは

1950年創業の福岡県北九州市の鶏肉専門店「かしわ屋くろせ」が販売する「黒瀬のスパイス」は、肉料理はじめ、どんな料理にも重宝する万能調味料なんです!リピーターも多く、キャンパーからの支持も厚い、黒瀬のスパイスのおすすめ活用レシピをご紹介します。

鶏肉専門店・かしわ屋くろせが開発!「黒瀬のスパイス」

黒瀬スパイスとは、1950年創業の福岡県北九州市の鶏肉専門店「かしわ屋くろせ(かしわや くろせ)」が自身を持っておすすめする調味料のこと。
肉類などはもちろん、野菜炒めやハンバーグなどの味つけにも重宝するんだとか。

1本で味が決まることから、なるべく荷物を減らしたいキャンパーさんにも支持されているんだそうですよ。

かしわ屋くろせ

黒瀬食鳥 黒瀬のスパイス 瓶 110g

原材料:食塩、胡椒、醤油、レッドベルペッパー、フライドガーリック、パプリカ、コリアンダー、グリーンベルペッパー、パセリ、オニオン粉末、唐辛子、マジョラム、オレガノ、バジル、調味料(アミノ酸等)、(原材料の一部に大豆、小麦を含む)
内容量:110g
商品サイズ(高さx奥行x幅):12cm×5cm×5cm

929円

購入はこちら

ハマる人続出!?「黒瀬のスパイス」の活用レシピ

ごはんがすすむ鮭のムニエル

シンプルな味付けが基本の鮭のムニエルですが、お酒のおつまみやごはんのお供にするには、もう少しパンチが欲しいところ。
そんなときに、黒瀬のスパイスがぴったり! ハーブも配合されているので、香り豊かに仕上げることができそうです。

ビール必須なきゅうり炒め

生とはまた違った食感、みずみずしさを楽しめるのが、きゅうりの炒め物。生で食べるのが定番なので意外と思うかもしれませんが、中華料理ではお馴染みなのだそう。

そこでおすすめなのが、味付けに黒瀬のスパイスを使うレシピ。
炒め油はごま油を使用し、鷹の爪も加えることでよりスパイシーに。キンキンに冷えたビールが必須の活用レシピですね! きゅうりだけで作れるという点も魅力的です。

トーストにかけるだけで食べ応えアップ

黒瀬のスパイスはトーストとも相性バッチリ! バターも一緒に加えると、溶け込んだバターに黒瀬のスパイスが染み込んでおいしく食べられそう。忙しい朝にパパッと食べたいときに重宝しそうですね。

目玉焼きやサラダにふりかけて

目玉焼きにふりかけてもうまみアップ! 野菜ものせて楽しむオープンサンドの味付けには、インパクトある黒瀬のスパイスがぴったりですね。
粉タイプのドレッシングのように、生野菜のサラダにかけてもおいしく食べられそう。

キャンパーからの支持も厚い!アウトドアのお供としても

キャンプなどのアウトドアは、なるべく荷物を最小限に抑えたいところ。
液体と違って液ダレの心配もなく持ち運びしやすいから、アウトドアの醍醐味でもあるおそとごはんに使う調味料にも、黒瀬のスパイスはおすすめ!

卵だけでもごちそうに

バーベキューを楽しんだ翌日の朝ごはんは、食材も少なめ。
少ない食材で満足するごはんを作るとなると、肝心なのは味付けですよね。そんなとき、黒瀬のスパイスがあると心強い……。
余ったお肉や野菜を豪快に炒めて、黒瀬のスパイスで味付けしてもよし!

おしゃれにキャンプ飯にも

最近ではおしゃれにキャンプを楽しむ方が増えていますが、その場合荷物が割と多め。
おしゃれな演出に妥協したくないときほど、黒瀬のスパイス、この1本が大活躍です!

朝ごはんやおつまみなどのおうちごはんはもちろん、アウトドアなどのおそとごはんまで幅広く使える万能調味料「黒瀬のスパイス」。
手軽においしく調理したい方はぜひチェックしてみてくださいね。

インスタグラムで#黒瀬スパイス をチェック!

関連記事:

レモンのタバスコ!? 広島発の「レモスコ」が今キテル!
フルーツ×塩の組み合わせ?! おしゃれな新感覚調味料「Flusso」に注目!
一度食べたらやみつきに!たかはしよしこさんのほっこりかわいい万能調味料たち
アウトドア レシピ スパイス 活用術 簡単おつまみ 万能
記事に関するお問い合わせ