旬のそら豆はお弁当にもおかずにも大活躍。おすすめアレンジレシピ6選

旬のそら豆はお弁当にもおかずにも大活躍。おすすめアレンジレシピ6選

そら豆がおいしい季節がやってきました!混ぜご飯やサラダにするのも定番ですが、試してみたくなるおすすめアレンジレシピをいくつかご紹介します。そら豆をあまり食べないという方や苦手意識のある方も、この春はそら豆を味わってみませんか?

混ぜ込むだけ!ころっとかわいいそら豆ごはん

旬のそら豆がたっぷり手に入ったら作りたいそら豆ごはん。まずはベーシックは作り方を押さえておきましょう。@nonon723さんのそら豆ごはんのレシピはインスタグラム上でも紹介されていますので参考にしてみて。

酒大さじ1・塩小さじ1弱・昆布10㎝角(無くても)米2合を普通に炊く。そら豆は塩茹でして薄皮を剥く。ご飯が炊き上がったらそら豆を加えて混ぜ合わせる…です😊

出典:Instagram @nonon723

酒、塩はお米のうまみを引き出してくれる調味料なので、普段からお米を炊く時に使うようにするのもおすすめです。

盛り付け方をまねしたい、そら豆ごはん弁当

@725_kwhrさんのそら豆ごはんも最初に紹介したものと同様、昆布とお酒と塩で炊いたご飯に塩茹でしたそら豆をあとで混ぜ込んだもの。この方法だと、お弁当にも詰めやすいんです。

お弁当箱に盛り付ける際は、ざっくりそら豆を混ぜ込むのではなく、リズムよくそら豆を並べてみて。赤いぶぶあられもトッピングするとそら豆の緑がより引き立って、おしゃれ度もアップします。

そら豆と桜えびの春ごはん

@wako.oka44 さんのそら豆ごはんはちょっとひと工夫が!
桜海老は軽く炒ってから酒と醤油で下味をつけ、お米はそら豆の茹で汁で炊き、最後にそら豆を混ぜ合わせて作られたそうです。

そら豆の茹で汁まで活用するアイデアは是非参考にしたいですね。桜海老にもひと手間かけることでよりうまみがアップするので、こちらも押さえておきたいポイントです。

そら豆と桜海老の春色ごはん by KT121 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが288万品

春色ワンプレートごはん!そら豆のリゾット風

そら豆はクリーム系の料理とも相性が良いので、リゾットにしてもおいしくいただけます。クリームの白とそら豆の鮮やかなグリーンが食卓に映えます。

さらにそら豆がさやに入った状態のものをお皿にのせると、立体的に見えて料理がより引き立ちます。さやもすぐに捨てずに、スタイリングに使ってみるのもありです!

そら豆のリゾットのレシピ・つくり方 | キッコーマン | ホームクッキング

春のお豆がたっぷり。洋風バンバンジー

ごはんものばかりの紹介が続いてしまったので、ここでおかずもご紹介。
定番の混ぜご飯以外にも、そら豆をおいしくいただく方法があるんです。

そこで紹介したいのが、春のお豆をたっぷり使った洋風バンバンジー。
そら豆に加えてスナップえんどうも使うことで、春のめぐみがふんだんに詰まった一皿。ささみをプラスして作るヘルシーなバンバンジーです。

料理家・榎本美沙さんの「ふたりごはん」のサイトでこの料理のレシピをご覧いただけるので、参考にしてみてください。

フライパンひとつでお手軽!春豆バンバンジー | ふたりごはん

サラダ感覚で食べられる!そら豆入りパスタ

そら豆を使ったパスタも春らしさを感じられる一品です。ショートパスタでもロングパスタでも、クリーム系でもトマトベースの味付けでも意外と色々なテイストと合わせることができます。

@tamahauoliさんのパスタは、そら豆、菜の花、春キャベツと生ハムをニョッキと合わせたもの。旬の食材は味が濃く、さらに生ハムの塩味があるので、味を見つつ最後に塩コショウで整えればOK。具材がたっぷりでサラダ感覚でいただけるパスタです。

そら豆が苦手という方も、そら豆を茹でる時に日本酒を少々加えると青臭さが軽減されるので、そら豆をおいしく味わえるよう下茹での際にひと工夫してみてはいかがでしょうか。

今が旬のそら豆料理で食卓に春を呼び込もう

春に旬を迎える食材のひとつであるそら豆。下茹でをしたりさやから取り出したりと手間は少々かかるかもしれませんが、時間をかけた分食べる時のおいしさはひとしおです。

混ぜご飯やサラダ以外にも、今回ご紹介したおすすめアレンジレシピを試してそら豆の新しい魅力を発見してみてください。

アレンジ そら豆
記事に関するお問い合わせ