魅惑の香りで夏バテ対策!焦がしバター醤油の明太子パスタの作り方

魅惑の香りで夏バテ対策!焦がしバター醤油の明太子パスタの作り方

30℃を超える真夏日が続く今日この頃。暑さにやられ、夏バテになりかけている方もいるのではないでしょうか? 今回は、井口 タクト(@ouchigohan_ojisan)さんに、食欲を掻き立てる「焦がしバター醤油の明太子パスタ」を教えていただきました。部屋中に広がる焦がしバター醤油の魅惑的な香りで夏バテを乗り越えましょう!

食欲を掻き立てる焦がしバター醤油の香り!

こんにちは、井口 タクト(@ouchigohan_ojisan)です。
待ちに待った夏になりました。夏入りのこの時期に、急な温度差で食欲が減っている方も少なくないはず。
ということで、今回は香りを嗅いだだけで食欲を掻き立てられる「焦がしバター醤油の明太子パスタ」を作っていきたいと思います!

材料(2人前)

・明太子……2腹
・パスタ……150g
・バター……10g
・大葉……2枚
・醤油……大さじ1.5
・塩……適量
・ブラックペッパー……適宜

作り方

下準備
・明太子の皮から身を外しておく。
・大葉を千切りにしておく。

1. パスタ用の鍋にお湯を沸かし、8〜10%の塩を加える(1Lの水の場合8〜10g)。沸騰したお湯にパスタを加え、パスタの袋に表記された時間で茹でる。この際にパスタを茹でた茹で汁は、おたま1杯分(90ml)とっておく。

2. 茹で時間の残りが3分程度になったら、フライパンを中火で熱し、バターを入れる。

3. バターが焦げて香りがしてきたら、醤油を加えて軽く焦がすように熱する。

4. 茹で上がったパスタと茹で汁(90ml)をフライパンに加え、ソースとパスタを絡めるように混ぜあわせる。

5. ソースとパスタが絡まったら、火を止め、明太子を加えて混ぜあわせる。
味見して塩味を確認し、薄ければ塩を加えて調整する。

6. パスタを器に盛り付け、千切りにした大葉をトッピングし、最後にお好みでブラックペッパーを使って味を整えれば完成。

「夏バテだけど、ごはんをたくさん食べたい!」という方へ

焦がしバター醤油の香りは本当に魅惑的な香りで、にんにくを熱したときの香りにも引けをとらないと思ってます。焦がしバター醤油を加えるだけで、シンプルな味わいの明太子パスタが劇的に美味しくなります! 作っている時から、魅惑の香りで部屋中が幸せに包まれますよ。

ちなみに、今回は焦がしバター醤油のパスタを紹介しましたが、レンコンを焦がしバター醤油とあわせるのもオススメです!

ぜひ、皆さんも試してみてくださいね。

インスタグラム @ouchigohan_ojisan

井口 タクトさんの他コラム

1度で2度美味しい!魚介の旨味がたっぷり詰まった「アクアパッツァ」はいかが?
新玉ねぎの旨みをパスタに凝縮。迫力たっぷりのナポリタンを召し上がれ!
【ヤミツキ注意】夏食べたい!10分でできる「トマトとツナの冷製カッペリーニ」
夏野菜で栄養満点!! ラタトゥイユを使ったペンネグラタンのレシピ
レシピ アレンジ パスタ 夏バテ 大葉 ouchigohan_ojisan
記事に関するお問い合わせ