残暑に勝つ!納豆、オクラ、なめこなどで作りたいネバネバごはん6選

残暑に勝つ!納豆、オクラ、なめこなどで作りたいネバネバごはん6選

毎年暑さが増していく夏。秋の気配を感じ始めても、まだまだやってくる厳しい残暑に備えて、ネバネバ食材を使ったごはんで食事から暑さ対策をしてみませんか?食欲が落ち気味な時や、身体を労わった食事がしたいなと感じたら、今回ご紹介するネバネバごはんのアレンジがきっと参考になるはず!

スタミナ満点!ネバネバ冷やしうどん

ネバネバ食材をたっぷり使った冷やしうどんは、夏バテ気味で食欲がない時でもスルスルっと入ってしまう魅惑のひと品。

@charistagram73 さんは、うどんの上にネバネバ食材の長芋、オクラ、モロヘイヤに加え、キムチにキュウリ、牛肉の甘辛炒めと卵黄をトッピング。最後に麺つゆをかけたら、よく混ぜていただきます。それらが渾然一体となった味を想像するだけでたまりません! スタミナ満点で、夏バテなんてどこかへ飛んでいってしまいそうですね。

そうめんが余っていたら、長芋オクラ梅そうめん

@phoen428 さんはそうめんに長いも、オクラ、梅、三つ葉、刻みのりをのせてぶっかけそうめんに。長いものしゃきしゃき食感はアクセントにもなりますね。

大葉やみょうがなどお好みの薬味をたっぷりとのせるのもあり。まぐろやサーモンなどを使って豪華にボリュームアップを狙うアレンジもしてみたい!

そば派なら、ネバネバそば

モロヘイヤ、めかぶ、納豆、オクラ、山芋、なめこ、温玉という“ネバネバ食材オールスターズ”がそろった @kiyomi914さんのワンプレートそば。
肉や魚が入っていなくても、十分食べ応えのある組み合わせとボリュームですよね。
しば漬けなどお漬物を刻んだものとも相性が良く、プラスすると味のアクセントにもなってくれますよ。

郷土料理のだしごはん

「だし」とは、なす、きゅうり、みょうが、新生姜、大葉などを細かく刻んで醤油とかつおぶしで味付けした山形県の郷土料理のこと。

@ru.ru_rumi さんはそこに、がごめ昆布を入れてネバネバごはんにアレンジ。味付けは麺つゆと酢で簡単に仕上げているそう。
これを大和芋とろろと一緒に玄米ごはんにかければ、こちらの「だしごはん」の完成です。こんな健康的なごはんを朝から食べたら、良い1日が過ごせそうですね。
だしは、冷奴、冷しゃぶ、そうめんなど何にでも使えるそうなので、ぜひお試しあれ。

ネバネバカレーでエネルギーチャージ

暑いからこそ食べたくなる辛~いカレー。そこにネバネバ野菜を投入して、栄養満点のヘルシーメニューに変身させちゃいましょう!

@kchin_kitchen さんのネバネバカレーは、納豆、オクラ、とろろがたっぷりで、見ているだけでも元気が出そうです。醤油をチョイ足して、和風ネバネバカレーに仕上げるのもおいしそうですね。

離乳食にもネバネバごはん

@ka0ritree さんは離乳食にネバネバごはんをチョイス。オクラとトマトと生姜の味噌に、豆腐と大根も入れて、ひじきご飯と合わせて食べるワンプレートに仕上げています。ボリュームアップしたい時は豚肉をプラスするのがおすすめです。

お子さまの食事にもネバネバ食材を使ったごはんはぴったりで、味付けを濃いめにすれば大人でもおいしくいただけます。

厳しい残暑対策にはネバネバごはん

涼しくなってきたなと秋の訪れを感じ始めても、突然ぶり返す厳しい暑さ……。
毎日の食事で暑さに対するケアをしっかりしていきたいところ。
ネバネバごはんで手軽においしく残暑対策をして、残りの夏も健康的に過ごしましょう!

関連記事:

ふわとろ派?ねばシャキ派?ビールもごはんも必須!旬野菜「長芋」の絶品レシピ7選
納豆を食べて毎日菌活!納豆を使ったアレンジレシピ5選
夏の胃腸疲れに!食欲がない時にもおすすめ、ねばねばごはんレシピ5選
今が旬のオクラを食べ尽くす。おすすめアレンジレシピ5選
納豆好きさんに贈りたい、納豆の洋風アレンジレシピ5選
ヘルシー 納豆 夏バテ
記事に関するお問い合わせ