出典 : @curryygram 【映画とごはん】11月22日はいい夫婦の日。絆深まる夫婦の映画と旦那ごはん

【映画とごはん】11月22日はいい夫婦の日。絆深まる夫婦の映画と旦那ごはん

映画とごはんが大好きな編集部スタッフが、今の時期におすすめの映画とごはんを紹介する月1企画。11月22日は「いい夫婦の日」。今回はいい夫婦の日にぴったりの夫婦愛が描かれた映画と、普段料理をしない旦那さんでも作れそうな旦那ごはんをご紹介します。いい夫婦の日は2人仲良く映画を見ながら食卓を囲みましょう。

いい夫婦の日に見たい、夫婦愛に感動する映画

11月22日は「いい夫婦の日」。
今日は夫婦水入らずでゆっくり映画なんていかがですか?
今回はいい夫婦の日ぴったりな夫婦愛が描かれた映画と、普段料理をしない旦那さんでも作れそうな旦那ごはんをご紹介します。

1.『自虐の詩』(2007年/日本)

ジェネオンエンタテインメント

自虐の詩 プレミアム・エディション [DVD]

3,125円

購入はこちら

公開当時に話題になったので、なんとなーく覚えている方も多いのではないでしょうか?
大阪の下町で貧乏生活をする夫婦を阿部寛と中谷美紀が演じる『自虐の詩(うた)』、原作はなんと4コマ漫画。
無職で無口で酒飲み、気に入らないことがあればすぐにちゃぶ台をひっくり返すパンチパーマの夫・イサオ。
それでも彼と一緒なら幸せだと信じる妻・幸江。
服役中だった幸江の父が2人の前に現れたことがきっかけで幸江の妊娠が発覚し、物語が大きく動きます。
幸江の過去が紐解かれていく中で明らかになる、幸江だけが知っているイサオの本当の姿。

夫婦のあり方とは、幸せと不幸の違いとは。
物語に隠されたテーマはとても深いのになんだか面白おかしく笑って泣ける名作です。

ちゃぶ台返しで吹っ飛んだ焼き鮭が印象的

『自虐の詩』と言えば、やっぱりちゃぶ台返しでひっくり返された焼き鮭とごはん
そんな吹っ飛んでしまった鮭といくらを贅沢に使った炊き込みごはんはいかがですか?
ちょっぴり特別な気分を味わえるし、料理が苦手な旦那さんでも簡単に作れちゃうのでおすすめです。

豪快なイサオの性格を彷彿させる肉タワー鍋

THE・男という感じのイサオをイメージして、豪快な肉タワー鍋もおすすめ。
野菜で土台を作ってからお肉を巻くだけなので、お子様も一緒にお手伝いできますよ。
炊き込みご飯同様、料理が苦手な方でも簡単に作ることができます。
夫婦で仲良く鍋を囲むと会話も弾みそうですね。

2.『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』(2016年/英・米・仏)

NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 [DVD]

1,700円

購入はこちら

2001年に公開され大ヒットしたラブコメ映画が3作目にしてついに完結?!
酒とたばこは辞められないし、ダイエットも長続きしない自由な独身女ブリジット・ジョーンズも43歳。
母親から結婚と出産のプレッシャーをかけられながらも、かつての恋人マークや野外ロックフェスで出会ったダンディな男ジャックとの間で心が揺れ動くブリジット。
相変わらずどちらか一人を選べずにいる中でブリジットの妊娠が発覚。
しかもどちらがお腹の子の父親か分からないという状況で、ブリジット43歳はめでたくママになる!
果たして父親はどちらなのか。
そして、ブリジットはどちらを人生の伴侶として選ぶのか。

自由奔放なブリジットに振り回されながらもパパになろうと努力する2人のイケメンから目が離せません!
「毎回毎回ブリジット愛され過ぎ!」とツッコミたくなりますが、愛に溢れたドタバタ劇を見ていると「夫婦っていいな」「好きな人がいるって幸せだな」と気付かされる素敵な映画です。

覚えてる?マークとの出会いは新年のカレーパーティー

舞台となるイギリスではクリスマスに残ったターキーでカレーを作るのが定番なんだそう。
ブリジットとマークが初めて出会ったのもカレーパーティーでした(1作目の『ブリジット・ジョーンズの日記』に登場します)。
ターキーを使ったチキンカレーはもちろん、写真のような白身魚のカレーも珍しくて良いかも!
カレー男子の旦那さんにぜひ作って欲しい一品です。

酒とたばことジャンクフードが大好きなブリジットにはこれ

ブリジットと言えば、酒とたばことジャンクフード大好きというなんとも親近感のあるキャラクターでお馴染みですよね。
ファーストフードのイメージが強いハンバーガーですが、おうちで手作りしてみるのも楽しいかも!
映画を見ながらつまむにもぴったりなので、いつもとはちょっと違った晩ごはんを楽しんでみてはいかがですか?

3.『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(2016年/イギリス)

GAGA

マダム・フローレンス! 夢見るふたり [Blu-ray]

3,778円

購入はこちら

音痴でありながらマンハッタンのカーネギーホールでリサイタルを行ったフローレンス・フォスター・ジェンキンスの実話をもとに映画化された作品です。

裕福な家庭に生まれ7歳で音楽の才能が開花したフローレンス(メリル・ストリープ)。
ホワイトハウスでコンサートも行うほどの実力があったのですが、元夫から移された病気の投薬治療が原因で音感を失います。
ヒュー・グラントが演じるシンクレア・ベイフィールドと再婚した後、父が亡くなり巨額の財産を相続したフローレンスはNY社交界に進出し投資します。
そんな中、カーネギーホールでのコンサートに感銘を受けたフローレンスは自らもあの舞台に立ちたいとレッスンを開始します。
「史上最悪のオペラ歌手」と呼ばれるほど音痴でリズム感のないフローレンスに夢を見続けさせるために夫は奮闘します。

歌手としての才能、夫の愛情、優しい嘘にまみれたフローレンスの人生。
夫が奔走する中で数々の嘘が真実に変わっていきます。
1940年代のニューヨークの街並みや大御所俳優たちの演技にも注目です。

映画の中の世界みたいにちょっぴりゴージャスな食卓を

ニューヨークの社交界に魅了されたあとは、ゴージャスな「牛スネ肉のワイン煮込み」はいかがですか?
圧力鍋を使えば時短、簡単に作ることができますが、特別な日だからこそちょっと手間のかかる料理に挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

圧力鍋でビストロ味!牛スネ肉ワイン煮込み by マユミリオン 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが299万品

余ったシチューで簡単に。パンの器がポイントです

中身をくり抜いた食パンにシチューを入れてチーズをかけてオーブンで焼くだけ。
簡単なのに手の込んだ料理に見えるところが嬉しいですね!
パンを器代わりに使うことで、盛り付けが苦手な方でも簡単にパーティー感のある料理が作れちゃいます。

4.『風立ちぬ』(2013年/日本)

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

風立ちぬ [DVD]

3,470円

購入はこちら

実在のする人物、航空技術者の堀越二郎をモデルに、その半生を描いたジブリの長編アニメーション作品。
ジブリアニメと聞くと、大人も子どもも楽しめる映画というイメージが強いかもしれませんが、『風立ちぬ』はもう本当に大人向け。
大人の心をがっちりと掴んで離さない魅力があります。

幼少の頃から飛行機マニアだった二郎は大学で設計技術を学び、飛行機の開発会社へ入社、本格的に飛行機設計家の道を進み始めます。
学生時代、関東大震災の街中で出会った菜穂子との再会を果たし、淡い恋心が徐々に発展し婚約をするのですが、菜穂子の身体は結核に蝕まれており一緒に暮らすことは難しかったのです。
仕事と病が2人の壁となるも、菜穂子は病院を抜け出し二郎のもとへ。
長くも短い2人の結婚生活が始まります。

どうしようもない壁にぶつかったとき、それでも人は「生きねば」ならない。
きれいごとだけでは語り尽くせない「夫婦」とういう関係、「人生」という運命が実話ならではのリアルな表現で描かれた作品です。

『風立ちぬ』と言えばこれ!鯖の味噌煮

『風立ちぬ』と言えば、主人公の二郎がいつも食堂で食べていた鯖の味噌煮が有名。
食に興味のない二郎はいつも同じ鯖の味噌煮定食を食べるのですが、鯖の骨の美しさを語る二郎が印象的でした。
なかなかハードルの高い煮魚料理ですが、鯖の味噌煮は白ご飯にもお酒にも合うすぐ優れもの。
普段は料理をしないという方も挑戦してみてはいかがでしょうか?

映画がきっかけで話題になった「シベリア」をデザートに

劇中に登場してからテレビ番組などでも紹介され話題となった「シベリア」。
カステラ生地にあんこがサンドされた伝説の昭和菓子なんだとか。
販売店舗があまり多くないので、手に入れる際は下調べが肝心ですが、シベリアを片手に『風立ちぬ』を鑑賞するのもなかなか良いかも。
食後のデザートにもぴったりです。

映画とごはんを通して夫婦の絆を再確認

共働きや子育てに追われ、なかなか夫婦二人きりでゆっくりできる時間が持てないという方々も多いのではないでしょうか。
いい夫婦の日をきっかけに、一緒に映画を見たり、食卓を囲んだりする幸せを再確認できればいいなと思います。

(text by あやや)

関連記事:

【映画とごはん】梅雨の季節に味わう。雨がキーワードの映画とさっぱりごはん
【映画とごはん】夏到来!7月7日、七夕に楽しみたいSF映画と七夕ごはん
【映画とごはん】夏といえば海!ビーチリゾートが舞台の映画と南国ごはん
【映画とごはん】秋の夜長は映画に限る!おすすめの感動映画と日本酒に合うおつまみ
【映画とごはん】ハロウィンはモンスター&ゴーストたちと盛り上がろう!
初心者 簡単 夫婦 オトコメシ 男前 映画とごはん
記事に関するお問い合わせ