出典 : @bluesheepmico アレンジ豊富でおいしいのに簡単、節約、ヘルシー!みんなよろこぶ豆腐丼

アレンジ豊富でおいしいのに簡単、節約、ヘルシー!みんなよろこぶ豆腐丼

何かと太りやすいこれからの季節……。高たんぱくで低カロリーなお豆腐は、積極的に食べたい食材の1つではないでしょうか。お豆腐をごはんの上にのせた豆腐丼なら、お皿も1つで済んでとってもラクチン。メインの食材がお豆腐ならお財布もよろこびますね。アレンジも豊富なので、ぜひ試してみてくださいね。

豆腐をごはんにのせればご馳走になる!

鉄板!麻婆丼

豆腐丼と聞いて真っ先に浮かぶのは、こちらの「麻婆丼」ではないでしょうか?
とろみのあるピリ辛ダレがフルフルと柔らかいお豆腐に絡んで、ごはんとの相性も抜群!
思わず、口に運ぶ手が止まらなくなってしまうという方も多いはず。
お豆腐も豚ひき肉も安いので、節約レシピとしても活躍してくれますよね。
お肉の量や辛さなどを好きなように調整できるのもおうちならでは!

キムチとアボカドと味玉のせ

こちらは「キムチ納豆とアボカドと味玉のせ豆腐丼」。
「安くて手っ取り早く作れる」と、 @kayobeans さんのおうちでは頻繁に登場する人気メニューなのだとか。味付けに、刻んだたくあん、顆粒だし、醤油、鰹節、胡麻油を入れているそう。
もう、間違いなくおいしいメンツばかり……。よーく混ぜて思いっきりかっこみたいです!

タモさん考案の豆腐丼風

タモリさんが昔、フジテレビの「笑っていいとも!」で紹介して話題になった豆腐丼を知っていますか? 豆腐やねぎ、いぶりがっこ(たくあん)などを混ぜて醤油をたらし、ごはんにのせて温泉卵をトッピングしたら出来上がり。
これが超簡単なのにおいしいと評判なんです。

@cao_life さんは、崩したお豆腐にだし醤油を混ぜて、ねぎ、胡麻、茗荷、梅ふぶき 、刻み海苔をトッピング。これをもち麦ご飯にのっけて全部を混ぜた後、ごま油もかけてみたらとてもおいしかったそう。
こんなふうに、自分流にアレンジして楽しむのもいいですね!

ごま油で炒めたちりめんじゃこのせ

「ごはんに豆腐をのせて食べるなんてどうなのよ」と思いつつ試してみたら、思いのほか、おいしかったと言う @erika_pyys さん。
そして行き着いたのが、ごま油でカリカリに炒めたちりめんじゃこをのせていただくスタイル。

おいしい豆腐丼の作り方!
①ご飯に豆腐をのせる
②フライパンにごま油を熱しちりめんじゃこをカリカリに炒める。
③豆腐の上からジュワッとかける!
④ラー油をすこし
⑤醤油かめんつゆをかけて召し上がれ\(^^)/
豆腐はおぼろ豆腐がおすすめ♡
お好みで薬味を添えても♪

出典:Instagram@erika_pyys

ラー油を少しかけるのもポイントで、ピリ辛な味わいが食欲をそそりそう。
ちょっと食欲がないなという時も、これならあっさり食べられますね!

豆腐の卵とじ丼

甘辛い出汁で煮たお豆腐や玉ねぎを卵でとじて、ごはんにのせたら完成!
おうちにありそうなもので手軽に作れるのがうれしいですね。
ほっこりする味わいにごはんがどんどん進みそう。小葱や三つ葉などグリーンを飾ると見た目もよく、揚げ玉やちくわ、お麩を入れてもおいしそうです。

あんかけごはん

こちらは「豆腐と生湯葉と玉子と生麩の餡かけご飯」。
味付けは、出汁、薄口醤油、みりん、生姜絞り汁などで、水溶き片栗粉でとろみをつけたら出来上がり。やさしい味わいと、とろ~りアツアツのあんかけに心も体もポカポカになりそうですね。

食べる生姜のせ

@linasuke0508 さんの「食べる生姜」は、フライパンに生姜と材料を全て入れて煮詰めるだけ。簡単なのに汎用性が高くてとっても優秀なんです!

こちらは、ごはんの上に、崩した豆腐、食べる生姜、青ネギをのせ、めんつゆを回しかけたシンプルな一品。これがとってもおいしいのだそう!
食べる生姜はほかに、麺にのせたり、お肉にのせたりしても。
気になる作り方は @linasuke0508 さんのブログに掲載されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

「食べる生姜」が万能すぎる…!材料切ったら煮詰めるだけで、何にでも使える激ウマ調味料が爆誕 - ぐるなび みんなのごはん

お多幸風とうめし

ごはんの上にお豆腐がドーン!
@bluesheepmico さんの豪快な1杯は、東京・日本橋に本店を構えるおでんの名店「お多幸」の名物・とうめし風。
あちらはおでんのつゆをたっぷり含んだお豆腐を使いますが、@bluesheepmico さんはお豆腐を肉豆腐やすき焼きのように甘辛く炊くのだそう。特に絹ごし豆腐が最高なのだとか。あまりのおいしさに、1膳ぺろりといけてしまいますよ!

ガッツリもアッサリもお豆腐にお任せ!

ひき肉などのお肉と合わせれば食べ応えのある一杯になるし、卵とじやあんかけにすれば体にやさしく、夜食にもぴったりの一杯に。絹ごしや綿、おぼろ豆腐など、お豆腐の種類を変えるとまた違った雰囲気が楽しめるので、いろいろと試してみてはいかがでしょうか。
とりあえず、冷蔵庫にはお豆腐を常備しておくことをおすすめします!

関連記事:

ダイエット中でも安心!? ヘルシーな豆腐スイーツで食欲を満たそう
野菜が高い!財布にやさしい豆腐の活用料理でマンネリ脱出
片手でパクッと!豆腐入りで気持ちヘルシーなワンハンドチーズケーキを作ってみたい
熱冷が絶妙!新感覚のトマトのっけ冷奴〜中華餡かけスペシャル〜
これなら罪悪感なく食べられる!おすすめ豆腐スイーツ8選
ヘルシー ヘルシー食材 豆腐 節約
記事に関するお問い合わせ