祝STAUBピコ・ココット誕生40年!記念カラー「サックスブルー」が限定発売

祝STAUBピコ・ココット誕生40年!記念カラー「サックスブルー」が限定発売

1978年に誕生したSTAUB(ストウブ)のシンボル、ピコ・ココット。40周年を迎える今年、幸せの"サムシング・ブルー"にちなんだ「サックスブルー」が限定発売されました!歴代のピコ・ココットや40thアニバーサリーカラーが特別に展示されたイベントの様子もご紹介します。今しか出会えない特別なアイテム、どうぞお見逃しなく!

STAUBピコ・ココット40周年、おめでとうございます!

フランスのアルザス地方で誕生したSTAUB。おうちごはん編集部にもファンが多く、これまでもその魅力について度々ご紹介してきましたが、世界中の有名なシェフをはじめ、ご家庭でも選ばれ続けているSTAUBを代表する鍋、ピコ・ココットが今年で40周年を迎えました!

この記念すべき年に限定カラーとして発売されたのが、結婚に幸せをもたらすと伝わる ”サムシング・ブルー” にちなんだ「サックスブルー」。STAUBが紡ぐ美味しさの歴史がこれからも続くように……との願いが込められた、40周年にふさわしいスペシャルカラーです。

気になるサックスブルーのラインナップは?

2018年10月1日に発売された40周年アニバーサリーカラー「サックスブルー」は、素材本来の旨味を最大限に引き出すアロマ・レイン機能を実感できるピコ・ココット10cm・14cm・16cm・20cm・22cm、鍋底に丸みがあり和の食卓に調和するジャポネスクシリーズのWa-NABE Sサイズ・Mサイズ、ごはんがふっくらつやつやに炊きあがるラ・ココット de GOHAN Sサイズ・Mサイズ、魚や野菜などの食材を長いまま調理できるオーバルホットプレート23cmの10アイテム。
それぞれ取り扱い店舗が異なりますので、詳しくはSTAUBのホームページをご覧ください。

STAUB 40th

どれも素敵すぎる!歴代のSTAUBピコ・ココット

こちらは40周年を記念したインスタグラムの特別アカウントlacocotte40th(@lacocotte40th)で紹介されている、STAUBを彩ってきた歴代のピコ・ココットたち。フラットな蓋の形状や蓋の裏に付いているピコなど機能性と耐久性に優れたデザインは40年前の誕生からほとんど変わることなく、そのまま受け継がれています。

LaCocotte40th (@lacocotte40th) インスタグラム

発売当時のビンテージ品、一挙ご紹介!

先日『GRAND FOOD HALL!(グランドフードホール)』六本木店で開催されたイベントでは、フランスから取り寄せたSTAUBの歴史を物語る貴重なピコ・ココットが特別に展示されました。

どれもなかなか見ることができないビンテージ品、STAUBラバーのみなさま必見です!

1978年初代モデル/1980年~カラー・ホーロー加工の始まり

初期のピコ・ココットは1978年冬に発売され、コンピューターによる3D技術がない当時は木や金属で模型を作成して開発。ダブルリングを施した平らな蓋や握りやすい取っ手など、すでにSTAUBの特徴となる要素を備えています(写真左)。

発売後の2~3年はベジタブルオイルを塗っただけのココットでしたが、その後ホーロー加工の開発に取り組み、1980年代初頭に単色や2色のココットが発売されました。特に写真右のブラウンからオレンジへと色が変化していく2色のココットは大人気だったそうです。

1990年~模様・カマイユ

1990年代初頭に起こった車や鍋に模様をつける流行の波に乗り、アルザス出身の著名な絵本作家・アンシ氏による素朴でカラフルなアルザス民族衣装を着た人々の模様が描かれました(写真左)。

人気色の移り変わりとともに開発された新色が、2色のグラデーションが美しく調和するカマイユシリーズ。色のコントラストがはっきりしたそれまでのホーローに比べてより繊細な色の変化を楽しむことができ、時代を反映したこのシリーズは蚤の市愛好家の人気の的になりました(写真右)。

2000年マジョリカ/2007年ラ・クーポール

STAUBの特徴の一つが「色」。転換期となったのは2000年、工場の職人がかつて鋳物オーブンを製造していた時代の製造技術を鍋に使うことを思いつき、この技術を活用したマジョリカのホーローは独特の深みがある色合いでロゴが美しく浮かび上がります。2002年にはオリーブグリーンが登場し、その後グレナディンレッドやグランブルーなど多くの新色が開発されました(写真右)。

1927年に創業されたパリの名高いレストラン『ラ・クーポール』。その建築と装飾は傑作と称され、長きに渡り著名な芸術家たちが集っていた特別な場所です。この名店が創業80年を迎えた2007年に、レストランの天井と同じドーム型の蓋を持ったラ・クーポール・ココットが誕生しました(写真右)。

六本木ヒルズ『GRAND FOOD HALL!』のディスプレイをSTAUBがジャック

豪華賞品が当たるコラボキャンペーンも実施中!

六本木ヒルズ ヒルサイドB2Fに今年9月オープンした、兵庫県芦屋市に本店を構える『GRAND FOOD HALL!』。かけがえのない人生を支える台所として素材や製法にこだわった厳選商品を取り揃える話題の人気店がSTAUBとコラボ! エントランス右手の正面ディスプレイスペースにはピコ・ココット40周年記念カラーの商品が展示されており、サックスブルーに彩られたずっと眺めていたいほど素敵なクリスマスデコレーションを楽しむことができます。

12月2日(日)までに指定ハッシュタグを付けて『GRAND FOOD HALL!』の展示スペースで撮影した写真をインスタグラムに投稿すると、STAUB製品など豪華なプレゼントが当たるサックスブルークリスマス投稿キャンペーンが開催されています。詳細はZWILLING J.A. HENCKELS JAPANのホームページをご覧ください。

SNS投稿でストウブ製品やランチクーポンをプレゼント! | キッチンマイスター|ZWILLING・STAUB公式webメディア

STAUBを使ったスペシャルランチメニュー

店内のレストランスペースでは野菜とキノコのパエリア風や牛ほほ肉の赤ワイン煮込みなどSTAUBを使ったスペシャルランチメニューが提供されています。

美味しさを引き出す “魔法のお鍋” の誕生は、STAUBと美食のマリアージュ。

シェフたちがワクワクするこだわりの食材で、手間暇かけて心をこめて調理された『GRAND FOOD HALL!』のSTAUBでサーブされる特別ランチをぜひ体験してみてはいかがでしょうか?

GRAND・FOOD・HALL! グランドフードホール|ホームパーティー・ギフト・お弁当等、食卓の笑顔のために一流シェフが作るデリショップ
STAUB | ピコ・ココット40周年
staub ストウブ (@staub_japan) インスタグラム

関連記事:

鋳物ホーロー鍋初心者必見!ストウブラバーによる「 #ストウ部 」の詳しい解説
憧れの鍋「STAUB」。サイズは?種類は?活用術も知りたい!おすすめ記事まとめ
小さめの「STAUB」が気になる!みんなのミニココット活用術
迷ったらこれ!STAUBがもっと好きになる!プロおすすめのレシピ本5選
STAUBだからおいしくできる!「あさりとたらの無水蒸し」
ココット STAUB(ストウブ) 鋳物ホーロー鍋 鋳物鍋
記事に関するお問い合わせ