出典 : @kukulutomo 冷たい麺で涼を感じる「#麺で涼む葉月」投稿キャンペーン優秀賞発表

冷たい麺で涼を感じる「#麺で涼む葉月」投稿キャンペーン優秀賞発表

2019年8月1日(木)~8月31日(土)の期間で開催した「#麺で涼む葉月」投稿キャンペーン。「冷たい麺」をテーマに、定番のそうめんや冷やし中華のほか、うどん、そば、冷麺などさまざまな投稿が集まりました!今回も編集部員一同、悩みながら優秀賞を決定。この先もまだ暑い日があるので、マネしたくなるアイデアが見つかるかも!

「#麺で涼む葉月」優秀賞を発表します!

この夏も暑かったですねぇ。お昼ごはんは毎日のように冷たい麺だったという方もいるのでは? 麺料理はバリエーションが豊富で、アレンジすれば栄養もボリュームも満点な一皿が完成します。

そんな冷たい麺をテーマに、おうちごはんでは2019年8月1日(木)~8月31日(土)の期間で「#麺で涼む葉月」投稿キャンペーンを開催しました。

冷たい麺で涼を感じる「#麺で涼む葉月」投稿キャンペーン開催

みなさんの投稿を見て「冷たい麺ってたくさんあるなぁ」とあらためて実感!

特にそうめんはアレンジが豊富で、思わずマネしたくなるものばかり。実は私(ライター・コノ)はこの夏、そうめんを食べ忘れていたので、今さらながら買いに走りたくなりました(笑)。

もちろん、そうめん以外にも気になる投稿がいっぱい! それでは、さっそく優秀賞を発表します。

【優秀賞】

今回の優秀賞はこちらの2名。おいしそうなのはもちろん、個性あふれる素敵なアレンジに注目です!

◆@kukulutomoさんの「カラフルそうめん」

色とりどりのそうめんを夏らしくデコった@kukulutomoさんの「カラフルそうめん」は、編集部内から「見た目が華やか」「かわいらしい!」とまずそのビジュアルを称える声が続出。

6色のそうめんは、スタンダードな白そうめんのほか、みかん、梅、梅紫蘇、抹茶、もち麦を使用しているそう。実はこの色を作りだしているのは和の食材で、自然の色で染め上げているという点にも注目が集まりました。

見ているだけでも楽しくて、味の違いを食べ比べてみたくなっちゃいますよね。そんな目でも舌でも楽しめるところが、高評価につながりました!

@kukulutomoさんには、日本の伝統工芸・石見焼から生まれた「もとしげ」の『おろし器』2個セット(黒の小サイズと白の大サイズ)をプレゼントします。

◆@mune__hiroさんの「稲荷蕎麦」

甘く煮たお揚げの中に入っているのは、酢飯ならぬ、蕎麦。@mune__hiroさんの「稲荷蕎麦」は茶蕎麦を使っているから、蕎麦の深緑色がとても映えますよね。編集部いちの蕎麦好きであるソバンヌは「これ、作りたい!」と目を輝かせていました。

また、稲荷蕎麦といえば、あらかじめ蕎麦に麺つゆを絡めておいて、そのまま何もつけずに食べるという人が多いのでは。@mune__hiroさんの場合は温玉麺つゆにくぐらせて食べるそうで、これがハマるほどおいしいのだとか。

そんな@mune__hiroさんならではのアイデアが編集部内で多くの票を集め、優秀賞に選ばれました!

@mune__hiroさんには、創業140年を超える国産ガラス食器メーカー「東洋佐々木ガラス」の『そうめん3客セット』をプレゼントします。

まだある!素敵な投稿をご紹介

惜しくも優秀賞は逃したものの、素敵な投稿はまだまだたくさんあります! その中から特に目を引いた3つの投稿をご紹介します。

◆@asatisstakaさんの「夏野菜冷麺」

@asatisstakaさんの冷麺は、麺が見えないほど夏野菜たっぷり! 皮目を炙ったゆで鶏も食欲をそそりますね。

気になる味付けは、ゆで汁+ごまダレだそう。冷麺っぽくない見た目がインパクトあって、「こんな冷麺の食べ方があったのか!」と編集部員一同、驚かされました!

◆@tkkrs2769さんの「豆乳トマトキムチソーメン」

こちらは@tkkrs2769さんの「豆乳トマトキムチソーメン」。豆乳とトマトとキムチのそうめんだなんて、一体どんな味がするのか気になりませんか?

この白いスープには豆乳のほかにちぎった豆腐も入っていて、これだけでゴクゴク飲めてしまう味わいなのだとか。そうめんの上には韓国の調味料・ダシタで和えたトマトとキムチをたっぷりとのせ、大葉とラー油をトッピングしたら出来上がり。

濃厚でまろやかな豆乳スープと旨みたっぷりのキムチは間違いなく合いそう。白と赤のコントラストがきれいで、ブルーの器を合わせたセンスもお見事!

◆@koh0224さんの「月見そうめん」

超シンプルだけど、インパクト抜群な@koh0224さんの「月見そうめん」。その迫力に思わず二度見してしまった編集部員多数!

そうめんは濃厚でコクがある大分県産のブランド卵「龍のたまご」の卵黄を絡めていただきます。麺つゆは水で割るのではなく、煮干し出汁で割るというこだわりも。

そうめん、麺つゆ、煮干し、卵さえあれば作れ、約5分で完成する手軽さもいいですね!

「#麺で涼む葉月」一覧をチェック

9月は「#魚を味わう長月」キャンペーンを開催中!

手軽に作れ、涼しげな見た目が食欲をそそる冷たい麺。まだ暑い日もあるので、気になったものがあれば作ってみてはいかがでしょうか。

ご投稿をいただいたみなさん、本当にありがとうございました!

さて、9月は「魚料理」をテーマにした「#魚を味わう長月」投稿キャンペーンを開催中です。

魚のおいしい季節が到来!「#魚を味わう長月」投稿キャンペーン開催

秋はおいしいものが出回る季節で、魚もその1つです。秋が旬の魚は、さんま、かつお、鮭、鯖など。いくらとすじこも旬を迎えます。

ただ、今年はさんまが不漁で値段が上がっているので、そこはお財布と相談する必要がありそうですが……(泣)。

旬の魚にこだわらず、魚料理なら何でもOK。サバ缶など缶詰を使ってもいいですね。

みなさまのご参加をお待ちしています!

(text by コノ)

関連記事:

冷たい麺で涼を感じる「#麺で涼む葉月」投稿キャンペーン開催
魚のおいしい季節が到来!「#魚を味わう長月」投稿キャンペーン開催
そうめん 和食 冷麺 そば 夏野菜 蕎麦 麺料理 そうめんアレンジ おうち和ごはん
記事に関するお問い合わせ