【おうちde英国ごはん】オーブンで簡単「サーモンとアスパラガスのレモングリル」

【おうちde英国ごはん】オーブンで簡単「サーモンとアスパラガスのレモングリル」

イギリスでは料理にもお菓子にもよく使われるという「レモン」。さっぱりとした爽やかな酸味は、さまざまな食材によく合います。今回は、サーモンとアスパラガスにレモンを合わせたオーブン料理を英国料理研究家の鈴木綾夏さん(@ayakacooks)に教えていただきました。英国流のお手軽オーブンレシピにご注目ください!

さっぱり爽やか!「レモン」はイギリスの定番食材

こんにちは、英国料理研究家の綾夏です。

今回は、とっても簡単に作れて爽やかな味わいのオーブン料理をご紹介します。

この料理は、ピカデリー・サーカスのレストランで食べた料理をアレンジして再現したものなのですが、イギリスでよく見かける「レモン×ガーリック」の組み合わせがおいしく、レモンの酸味がきいていて、さっぱりと食べれる一品です。

▲ロンドンのにある「バラ・マーケット(BoroughMarket)」に行った際に撮った写真。イギリス人はサーモンやタラなど魚介系が好きなんです!

イギリス人は、お料理にもお菓子にもよくレモンを使います。今回は、同じくイギリス人が大好きな魚介と組み合わせます。

サーモンとアスパラガスのレモングリル

材料(2人分)

・アトランティック・サーモン……1冊
・アスパラガス……4本
・レモン……1個
・パセリ(みじん切り)……1枝
・黒こしょう……適量

【A】
・塩……小さじ1/2
・オリーブオイル……大さじ2
・レモン汁……大さじ1
・にんにく(みじん切り)……1/2片

下準備

・レモンは半分にカットし、レモン汁大さじ1程度しぼっておく。残りのレモンは2mm幅ぐらいの輪切りにしておく。(3~4枚ほどあればOK)

・アスパラガスは根元1/3あたりをピーラーで皮をむいておく。
※太めのアスパラガスの場合は、ラップをして600Wの電子レンジで2分ほど加熱しておいてください。(ある程度柔らかくなるまで)

・オーブンを180℃に予熱しておく。
※オーブンがない場合は、トースターでも大丈夫です!

作り方

1. ボウルにAを入れ、よく混ぜ合わせておく。

2. 天板にサーモンとアスパラガスをおき、1を満遍なく回しかける。お好みで黒こしょうをかける。

3. サーモンの上にレモンのスライスを飾り、全体にパセリを飾る。

4. 予熱しておいたオーブンで15分焼く。お好みで塩を足して味をととのえてください。
※サーモンは刺身用なので火が完全に入ってなくても大丈夫、中はレア状態でも凄く美味しいです。また、お肉で作る場合は30分〜35分ほど様子を見ながら加熱してください。アスパラガスを長時間オーブンに入れておくと、乾燥してしまうので一旦アスパラガスを取り出すと乾燥を防げます。

レモンオイルをたっぷりつけて召し上がれ!

レモンを使うと、お魚の臭み消しにもなって見た目も華やかに!
今回は贅沢にお刺身のアトランティック・サーモンを使いましたが、甘鮭を使用してももちろんOK。その場合は、塩加減を調整してください。また、鶏もも肉や豚ロース肉(ステーキ用など)で作ってもおいしいので、ぜひ色々な食材でアレンジしながらお試しください。

盛り付けるときに、ローストナッツ(アーモンドやクルミ)やドライハーブ(フレッシュのディルなど)を散らすと、食感や香りも楽しむことができるのでおすすめです。また、Aの調味料を混ぜ合わせるときにスパイスをプラスすれば、さらにスパイシーな味付けに! クミンパウダーやコリアンダーなどお好みで加えてみてください。

カリカリに焼いたバケッドを添え、ガーリックのきいたレモンオイルをたっぷりとつけてお召し上がりくださいね。

オーブンは魔法の調理器具

はじめて東京の実家を出て、ロンドンで生活を始めた当時(15年くらい前……笑)、私は寮に入っていました。4人部屋で共同で使えるキッチンがついており、様々な国の人がそこで料理をして、みんなで食べる時間を共有しながら共同生活をしていました。

そこの寮ではじめて出合ったのが、大きな大きなオーブン。当時の私は魚焼きグリルしか使ったことがなくてオーブンの使い方がよくわからず、「爆発してしまうのではないか……」と、とても怖かったことを覚えています(笑)。ロンドンではオーブン料理が主流で、イギリス人の友人が、ソーセージと野菜(確かトマト、ブラウンマッシュルームや玉ねぎなど)をザク切りにして、オリーブオイルと塩こしょうで味をととのえたものをオーブンで焼いた料理を作ってくれました。オーブンで焼くだけというとても簡単な料理だったのですが、とてもおいしく感動したんです。(この料理も、今度また紹介させていただきますね)

ホームシック状態だった当時15歳の私は、みんなでごはんを食べる時間を共有することで、距離が近くなっていくような気がしました。

そんな思い出もあって、私はオーブン料理が大好きです!
ずっと見ていなくても、オーブンに入れるだけでご馳走ができてしまう魔法の調理道具だと思っています。

「サーモンとアスパラガスのレモングリル」に合わせたい1曲

今回も、料理に合わせたいおすすめの音楽をご紹介!

私が「アスパラガスとサーモンのレモングリル」を食べながら聞きたい曲は、UK ノッティンガム出身バンド「Crazy P 」の『Heartbreaker』という曲。私の大好きなバンドグループの気分が上がる1曲です!

UKロックはもちろんですが、ロンドンには様々な国の人がいるので、いろんなジャンルの音楽に触れ合うことが出来るのも魅力のひとつです。
「Crazy P」の曲はどれもお洒落な曲ばかりなので、ぜひエレクトロミュージックを聴いて気分を上げてみてくださいね!

Instagram(@ayakacooks)|鈴木 綾夏(AYAKA SUZUKI)

鈴木綾夏さんのコラム

【綾夏のフルーツレシピ】クリーミーレモンのバジルパスタ
【綾夏のフルーツレシピ】オレンジとカリフラワーライスのサラダ
【綾夏のフルーツレシピ】サンデー・ローストのアップルソース添え
【おうちde英国ごはん】フライパンでサーヴ!「スタッフド・チキンブレスト」
【おうちde英国ごはん】アフタヌーンティーの定番「クラシック・スコーン」
レシピ 世界のごはん 魚介 魚料理 オーブン料理 おうちで食べよう おうちde英国ごはん
記事に関するお問い合わせ