【あゆの簡単スポ飯】調理時間10分!夏野菜たっぷりのクイックキーマカレー

【あゆの簡単スポ飯】調理時間10分!夏野菜たっぷりのクイックキーマカレー

長かった梅雨が明け、夏本番の暑さにさっそくバテ気味な方も多いのでは?しっかりと栄養を摂って元気に夏を乗り切るべく、今回はあゆさん(@a.jinja)に暑い夏にぴったりのスポ飯として、夏野菜をたっぷりと使ったキーマカレーを教えていただきました。調理時間はなんと10分!お手軽な時短レシピにもご注目ください。

暑い夏におすすめのスポ飯

こんにちは、元体育会系料理家のあゆです。

夏は体力を消耗しやすく食欲が落ちてしまいがちですが、そんな暑い季節にこそおすすめしたいスポ飯が「カレー」です。大リーグで活躍しているイチロー選手が毎朝カレーを食べていたというのも有名な話ですよね。

カレーは、香辛料を使っているので食欲増進作用があり、さらに野菜を煮ているので消化も良いメニューです。旬の夏野菜は栄養たっぷりなので、バラエティ豊かに取り入れて、栄養素の相乗効果を狙いましょう。

今回ご紹介するカレーは、市販のルウで簡単に作れて、普通のカレーよりも早く仕上げることができるレシピです。

夏野菜はそもそも生で食べられるものなので、長い時間煮込む必要がありません。長時間コンロの前にいるのもしんどい季節ですので、パパッと調理できるところもおすすめです!

栄養価の高い旬野菜をたっぷりと!

今回は、なんといってもたっぷりの夏野菜を使います! 旬のものは栄養価が高いので、どんどん摂り入れましょう。

なす:温まった体温を下げ、夏を乗り切る最適食材です。

パプリカ:疲労回復に必須なビタミンCがピーマンの倍以上! 特に赤色は超優秀です。

トマト:トマトの栄養素は熱に強く油との相性も良いので、効率的に体内へ吸収されます。

オクラ:ねばねば食感が特徴のオクラは、整腸作用と胃壁を保護する働きがあります。彩りのプラスにもなるのでさっと茹でてトッピングしましょう!

カレールウ:一般的なカレールウに含まれているスパイスにはターメリック、コリアンダー、クミンなどがありますが、それらは活性酸素を取り除いたり、緊張をほぐし集中力をめたり、食欲増進や消化を助ける胃の健康を保つ効果があります。ご家庭でお好みのものを使用してくださいね。

夏野菜のクイックキーマカレー

材料(4人分)

・ひき肉……250g
・玉ねぎ……中1個
・なす……1本
・パプリカ赤……1/4個
・パプリカ黄……1/4個
・トマト……中1個
・オクラ……2本
・しょうがチューブ……3cm
・にんにくチューブ……3cm

【A】
・水……100ml
・カレールウ……2かけ
・醤油……大さじ1
・ウスター……大さじ1
・砂糖……小さじ1
・オイスターソース(あれば)……小さじ1

※オイスターソースがない場合は、かわりにインスタントコーヒー(小さじ1)やビターチョコ(2かけ)を入れるのがおすすめ。コクの出る隠し味を入れることで煮込み時間が短かくても味が深まります。

作り方

1. オクラ以外の野菜を1cmの角切りにし、カレールーも刻んでおく。

2. フライパンに油をしき、生姜とにんにく、ひき肉、玉ねぎの順に入れて炒める。

3. 玉ねぎが透き通ってきたら、残りの野菜を入れてさらに3分炒める。

4. Aを加えて2分煮たら出来上がり。

ご飯をよそった器に盛り付け、オクラをトッピングをしたら完成です!

カレーで元気に夏を乗り切ろう!

糖質や脂質が多いと思われがちなカレーですが、野菜やお肉などの具をしっかり食べることを意識すれば、ダイエットや減量中でも良質な食事にすることができます。

一緒に食べるご飯を五穀米にするとカロリーも低く抑えられ、食物繊維も豊富に摂取することができますよ。

野菜が不足しているなと思う日や、よく動いたから疲れをためないようにしたいといった日には、大好きなカレーに旬の野菜をたくさん入れて体調管理をしてみてください。

旬の夏野菜をたっぷり食べて、元気に夏を乗り切りましょう!

あゆさん(@a.jinja)のInstagram

あゆのスポ飯 バックナンバー

【あゆの簡単スポ飯】鶏むね肉とビタミン野菜のチーズホイル焼き
【あゆの簡単スポ飯】高たんぱく質なお魚NO.1「まぐろ」を使った簡単丼レシピ
【あゆの簡単スポ飯】一皿で栄養満点!石焼風まぜまぜビビンバ
【あゆの簡単スポ飯】ノンオイルなのにジューシー!揚げない「鶏から」
レシピ 簡単 カレーライス 夏野菜 時短 健康 カレー あゆの簡単スポ飯
記事に関するお問い合わせ