出典 : @kaori_yanagawa スイーツだけではもったいない!びっくりするぐらい美味しい栗料理

スイーツだけではもったいない!びっくりするぐらい美味しい栗料理

栗といえば甘くて、美味しいスイーツのイメージが一般的ですよね。しかし海外ではジビエ料理のソースに栗を使ったりするぐらい料理に使うぐらい料理にも向いている食材なんです。今回はびっくりするぐらい美味しい栗料理をご紹介します.……栗(くり)だけにね。

おうちで栗の下処理をしてみよう!

この時期になると、スーパーでよく見かけるようになる栗。
スーパーで下処理の済んだ栗を買おうとすると意外と値段が張って財布に響きますよね……。
今回はおうちで女性でも出来る簡単な栗の下処理の方法をご紹介します!今年の秋はおうちで下処理をして、栗を思う存分楽しみましょう!

パターン1 鍋でゆでる

難しそうだと思っていた栗の簡単な下処理は、意外にシンプルでした。
鬼皮(栗の硬い皮)がついたままの栗に熱湯を注ぎ、ひと肌くらいまでお湯が冷めるまで置いておくだけで、鬼皮が柔らかくなり包丁もするする入るぐらい簡単に剥くことができます。ついでに渋皮もぺロッと取れるので初心者の方にも簡単に下処理を済ませることができます。
剥いた栗は1%の塩水で15分ほど浸けてあげると、変色を防ぎつつアク抜きもできるので一石二鳥です。

簡単生栗の下ごしらえ by 黒まめの小田垣商店 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが247万品

パターン2 圧力なべとオーブンを使う

おうちに圧力なべとオーブンがある方は、こちらの方法がオススメ。

1. 栗に切れ込みを入れます。
包丁の握り近くの90度のところ(鬼刃?)を使うと簡単です。
2. 鬼刃で入れた切り込みを広げます。(手を切らないでねー)
3. お手持ちの圧力鍋2センチに水をはり、お蒸かしを仕込みます。沸騰後10分加圧します。火を消したら、圧が抜けるまで放置。
4. 火傷に気をつけて、アルミホイルの上に蒸し栗を置き、オーブントースターで10分。
5. 柔らかければ出来上がり。ビジュアル的には、少し割れ目が広がります。親指と人差し指で、割れ目の端を強く圧迫すると2分割。

出典:cookpad.com

圧力鍋とオーブンで栗の下処理 by ほしほしほっしぃ [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが247万品

こちらの方法だと皮が手で剥けるぐらいつるっと剥くことが出来ながら、ゆでるよりも味の濃い栗ができる点も魅力。
剥いた栗の保存方法はは2~3日なら冷蔵保存が可能。しかし日が経つにつれて甘みと風味が落ちてしまうので、冷凍保存することがオススメです。冷凍保存をすると栗の甘みと風味が維持できるのでちょっと食べきれないなと感じたら、ぜひ冷凍保存してあげてください。

栗のうま味が詰まった料理を楽しもう!

栗の下処理が終わったら、後は栗をおいしく食べるのみです。
スイーツとしていただくのも美味しいのですが、今回は栗のうま味がギュッと詰まった料理をご紹介します。
いっぱい栗を楽しんで、食欲の秋を楽しみましょう!

定番の栗料理「栗ごはん」

栗を使った定番料理といえば、栗ごはんですよね。
しゃもじでも崩せるぐらい柔らかくなった栗とご飯は相性は最高に良いですよね!
ほんのり塩ゴマを振りかけると、甘みが引き立って箸が止まらなくなってしまいます

栗ご飯を作りすぎちゃったという人はリゾットにしてみてはいかがでしょうか?
コンソメスープとたっぷりのチーズをかけるだけ出来るリゾットは、栗ごはんとは違う栗の良さを見つけ出してくれます。
栗と同じく秋の味覚のキノコと一緒にリゾットにすれば、食欲の秋を存分に楽しめますよ。

ほろ苦さが癖になる「栗の揚げもの」

こちらは栗の素揚げ。
渋皮のついた栗を油で揚げるだけで出来るこの料理は、秋の晩酌には最適のお供です。
少し苦みのある渋皮は、揚げることでパリッとして、食感に良い味を出してくれます。
ちなみに渋皮は、お茶に多く含まれる成分の「タンニン」を多く含んでおり、脂肪燃焼を促進する効果があるそう。抗酸化作用もあるため、美容効果も期待できそう。
せっかくの旬の食材なので皮までいただいてみましょう。

一瞬、いが栗かと思ってしまうビジュアルのこちらは、栗のてんぷら。
まわりに短く折ったそうめんをまぶして揚げられた栗のいがは本当にキュートですよね。栗の甘さとそうめんの塩けが絶妙にマッチしていて病みつきな味なんだとか。
夏のそうめんが余っている方はぜひ試してみてください。

いが栗!?すり身を使って秋のおもてなし。 by pe:wa [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが247万品

実は相性抜群!?「栗のカレー」

栗をカレーに入れてみると、コクと風味がでて、いつものおうちカレーに味の深みを作ることができますよ!
焼き栗を使えば食べた時、焼き栗の香ばしさ、甘みがあり、ホックリしていて大人も子供も楽しめるカレーになります。

旬の秋の味覚と一緒に「栗のパスタ」

栗を使ったクリームパスタ!
クリームソースと栗を一緒に煮詰めてあげると、栗の風味が移るので上品な味のパスタを作ることができます。クリームソースと栗の相性は病みつきになるぐらい美味しいので、パスタだけではなくグラタンやシチューにしてみても楽しめますよ。

こちらは、栗とカモのミートソースパスタ。
栗とジビエの相性は抜群。高級フレンチでもジビエに栗のソースを使われるぐらい、ジビエを引き立ててくれるんです。ジビエの香りがついた栗は、良いアクセントになります。

ホッと一息つきたいときには「栗のポタージュ」

栗本来の優しい甘みはポタージュにすると格別。口いっぱいに広がる栗の優しい甘みは、ほっと一息つくときや秋の読書の時に最適です。
秋の味覚のさつまいもやかぼちゃも一緒にポタージュにしてあげると、秋のうま味をたっぷり味わえますね。

栗料理を存分に楽しんでみませんか

スイーツ以外で楽しむ栗はいかがだったでしょうか?
すこし手間を加えて、自分で下処理をしていただく栗料理は、また一段と美味しく感じるのではないかなと思います。
ぜひ今年の秋は、おうちごはんで栗を楽しんでみてください。

関連記事:

食欲の秋!旬の栗を使って、こっくり甘~い栗パンを作りませんか
定番のモンブラン以外にも!渋皮煮を使ったおしゃれ栗スイーツ5選
栗きんとんでスイーツ系サンドを作ろう!おせちでわんぱくサンド~あまい編~
レシピ アレンジ スープ カレーライス ポタージュ パスタ 秋の味覚 下処理
記事に関するお問い合わせ