出典 : @yumico_kageyama 器好きならすり鉢にもこだわりたい!おすすめ作家さんのすり鉢ベスト3

器好きならすり鉢にもこだわりたい!おすすめ作家さんのすり鉢ベスト3

すり鉢をお持ちですか?すり鉢はあまり使わないという人も、実際使ってみると様々な用途で活躍し、料理の幅が広がることに気づかされるはず!また、サイズの種類も豊富で一人暮らしの方にもおすすめなんです。今回はすり鉢を選ぶ際に押さえておきたいポイントを集めてみました!自分好みのすり鉢を見つけて、すり鉢ライフを楽しんでみませんか?

奥の深い「すり鉢」の世界

皆さん、すり鉢をおうちごはんで使っていますか?
すり鉢はどれも同じなように見えますが、細かい溝の部分に作家さんの熟練の技や工夫が施されており、すり心地がものによって違うのです。それはもう素人の私でも分かるぐらいです。
今回はすり鉢を買う前に知っておいてほしいすり鉢のあれこれを集めてみました!

意外と知らない「すり鉢」のあれこれ

すり鉢のサイズ、どれがベスト?

すり鉢は探してみると様々なサイズがあり、どれを買えばいいのか悩んでしまいます。しかも「○号」や「○寸」という表記で書かれていることもあり、ますますサイズ感がよくわかりません(泣)。
そこで、すり鉢の大きさと、サイズごとに適した使い方をご紹介します。

4号(約12cm)~5号(約15cm)

4号~5号のサイズは、少量のゴマなどをすったり、ゴマをすった後そのまま食卓に出すことができるぐらいのコンパクトなサイズ感。
離乳食や、ドレッシング作り、少し大きめの器として使い方にはおすすめのサイズです。

6号(約18cm)~7号(約21cm)

6号~7号は1人~2人ぐらいの和え物を作るときにおすすめのサイズ。
大きすぎず、小さすぎず、もっとも使い勝手が良いサイズなので初めて購入される方や、一人暮らしの方にはぴったりです。

8号(約24cm)

8号は3~5人程度の家族用であれば、このサイズがおすすめです。
また、芋をするときなどにもこのサイズだと余裕があるので、おうちでとろろなどを作ろうと思った際にはベストです。

単位は、号=寸 と思っていただければ大丈夫。
なお、すり鉢の大きさによって使いやすいすりこぎの長さも変わってきます。基本的にすり鉢の直径サイズの1.3倍程度の長さが使いやすいと言われていますが、お好みで選んでみてくださいね。

作家さんのこだわりを感じる!おすすめの「すり鉢」

「サイズは分かったけれど、実際どれがいいのか分からない」という方も少なくないはず。
そんなあなたに朗報。今回、作家さんの熱いこだわりを感じるすり鉢をピックアップしてみました。

醇窯(じゅんよう)

醇窯は高須健太郎さんによって一つ一つ作られる手仕事品。醇窯の中でも「鉄彩」シリーズはレストランやカフェなどにも使われているほどの人気のシリーズ。
人気を博している大きな要因は、土ものなので、徐々に色が変化し、使えば使うほど味の出てくるところ。昨日よりも今日、今日よりも明日と徐々に良くなっていくので使うのが楽しみになります。

実際に醇窯のすり鉢を使用されている方の動画がありました!
醇窯のすり鉢はすり心地にもこだわっており、すった音はなんともいえぬこの心地いい音。安眠ができそうなぐらいの落ち着いた音に癒されます(笑)。

醇窯

鉄彩/すり鉢/大

直径約21.5cm 高さ約10.5cm

8,640円

購入はこちら

SAKUZAN(サクザン)

SAKUZANのすり鉢の特徴はなんといっても、美しさにあります。
手触りなどにもこだわった美しいフォルムは、そのまま食卓に器としても活用できるぐらい洗練されいます。
もちろん洗練されたデザインだけではなく使いやすさも追及されていますよ。

SAKUZAN

すり鉢&すりこ木 白 M

当店でも人気の美濃焼・作山窯から生まれたすり鉢。お客様のご要望に応えて、すりこ木とのギフトセットが誕生しました。手のひらに乗る大きさは使い勝手が良く、食卓で使いやすいサイズです。くし目は職人による手作業。ひとつひとつ丁寧に手描きされるくし目は美しく、キレのよいすり味を実感できます。またデザイン性に優れ、すり鉢としてだけでなく、盛り鉢としても幅広く活躍できます。先に胡麻をすってそのまま胡麻和えを盛る器として、胡麻をすり終わったらつゆを入れて胡麻だれに、豆腐をつぶしてしろ和えになど、使うほどに楽しみの広がる器です。

2,160円

購入はこちら

東屋(あづまや)

東屋のすり鉢の特徴は、どこか渋みのあるかっこよさ。シンプルで素朴に見える形も、細かいところにまで工夫を凝らされているんです。
たとえば、内側のふちのすぐに作られた溝は、片口以外のところから流れ出ないように、片口のところに食材が集まるような工夫がなされています。
今までのすり鉢の痒いところを解消してくれるような商品なんです!

東屋

【東屋・あづまや】擂鉢 七寸

素材 伊賀黄土+ 黒飴釉
製造 耕房窯(三重県伊賀市)
サイズ 直径210×高さ90mm
製造国 日本
品番 AZKB00102

7,020円

購入はこちら

「すり鉢」の隙間に入った食材がもどかしい……そんなときは?

すり鉢でゴマをすると、溝にゴマが入ってしまい、頑張ってとろうと試行錯誤してみた人は少なくないはず……。そんな悩みを解決してくれるアイテム「竹のスクレーパー」。
すり鉢の隙間に入ってしまったゴマをストレスなく取ることができ、おろし金などスポンジで洗うのが少し大変な物にも活用することができます。
もちろん竹のスクレーパーが手に入らなくても、たわしや歯ブラシで取ることができるのでぜひ皆さんも試してみてください。

工房アイザワ

工房アイザワ 竹製スクレーパー

おろし金で擦った生姜やわさびなど、すりおろした薬味を綺麗におろし金からこそぎとれる竹のスクレーパーです。ちょっとした事ですがこれですっきり取れる気持ち良い道具。

886円

購入はこちら

最後に、「すり鉢」を買う前に押さえておきたいポイント

すり鉢を買う前に押さえておきたいポイントは、ずっしりとした「重さ」にあります。
すり鉢にしっかりとした重さがあると、する際にも安定感がありあまり力をかけずとも上手にすることができます。
皆さんも自分好みのすり鉢で、すり鉢を使った料理を楽しみましょう!
すり鉢を使った盛り付けアイデアは下記記事でも紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

あると便利!知っておきたい「すり鉢」使いこなし術
インスタグラムで #すり鉢 をチェック

おうちごはんの最新情報はSNSをチェック!

Instagramはこちら
Facebookページはこちら

『おうちごはん』では各種SNSで最新情報や動画を発信中!Facebookではライブ動画も配信しています。ぜひチェックしてみてくださいね。

動画 すり鉢 SAKUZAN(サクザン)
内容を編集部に報告する