「野菜食」のまとめ

手軽にできて食費の節約や癒やしにも!再生野菜「リボベジ」のすすめ

おうちで過ごす時間が増え、密かなブームなのが「リボベジ」。これはリボーンベジタブルの略で、「再生野菜」という意味。普段捨ててしまう野菜のヘタや根っこを水に浸けておくとまた葉っぱがニョキニョキ伸びてきて、食べることができるんです。とっても簡単な上、節約にもなってインテリアにもなっちゃう。早速今日からはじめてみませんか?

お財布にやさしくて栄養満点、毎日でも食べたい豆苗レシピ10選

葉物野菜の価格が高くなる時期でも、年中安定のお手頃価格で購入でき、栄養満点でおいしい野菜といえば優等生「豆苗」。様々な栄養素をバランスよく含んでおり生でも加熱でも調理OK!再収穫も楽しめて2度おいしい、家計にやさしい豆苗はアレンジの幅も広く毎日の食卓で大活躍すること間違いなし!そんな豆苗のアレンジレシピをご紹介します。

おうちごはんで世界トリップ!おうちでつくる東欧料理~ボルシチ編~

世界3大スープの1つでもあるウクライナの伝統料理「ボルシチ」。ロシアや東欧諸国でもよく作られているボルシチにはビーツが必ず使われますが、それ以外の材料は地域によって様々でバリエーションが豊富なのも特長。一口ごとに体の芯からぽかぽかになれる寒い季節にぴったりな煮込み料理、ボルシチのおいしいアレンジをご紹介します。

お正月で疲れた胃腸をいたわるごはん。1月7日は「七草粥」をおいしく食べよう

1月7日に1年の無病息災と五穀豊穣を祈って食べるといわれる「七草粥」。初春の7種の若草を使ったやさしいお粥で、お正月のごちそうで疲れた胃腸をいたわるのにもぴったりですよね。とはいえ、七草粥ってどうやって作っていいか分からないという方もいるのでは?そこで七草粥のおいしい食べ方や、七草をお粥以外で楽しむ方法をご紹介します!

さっぱりおいしい!冷蔵庫にあるとうれしい夏の常備菜「だし浸し」のおすすめレシピ

お好みの食材をだしに浸すだけで格段においしくなる「だし浸し」は、見た目も涼しげで暑い夏にぴったりの料理。さっぱりとした味わいで食欲がない時でも食べやすく、夏の常備菜としてもおすすめです。今回はトマトや枝豆など冷蔵庫にあるとうれしくなる、だし浸しのシンプルでおいしいレシピをご紹介します。

まるで「#片手で食べるサラダ」のようなサンドイッチで、もっと手軽に野菜を!

無理せず自然体で野菜を楽しみたい!そんな方におすすめしたいのが、野菜をたっぷり使ったサンドイッチ。それはまるで「#片手で食べるサラダ」のよう!気軽に野菜寄りの食事が楽しめます。今回は、パンと相性のよいキユーピーハーフを使った「#片手で食べるサラダ」のようなサンドイッチの投稿キャンペーンを実施します。

冬のスタメン食材!丸ごと一玉買いの白菜をおいしく大量消費&保存方法

冬はいろんな葉物野菜が楽しめますよね。中でも白菜はお店でも目立つ存在で、一玉あれば様々なアレンジで楽しめちゃいます。大きくてお得だからと丸ごと買ってみたものの毎回同じレシピでマンネリ化してる人も多いのでは?今回は、丸ごと白菜を手に入れた時の保存方法と冬の始まりにおさえておきたい白菜アレンジ5選をお届けします!

旬のかぶをさらにおいしく!この冬作ってみたいアレンジレシピ6選

春の七草のひとつですずなやかぶらとも呼ばれる「かぶ」。消化酵素のアミラーゼを含むかぶの根は胃が疲れやすいこの時期におすすめ。また根よりも実は栄養豊富な葉の部分は風邪予防にも効果があるビタミンCがたっぷりなので捨てちゃうのはもったいないんです。旬を迎えて甘みが増したかぶのおいしいアレンジを楽しんでみませんか?

野菜の王様「モロヘイヤ」が主役!栄養満点おすすめアレンジ9選

エジプトが原産のモロヘイヤはアラビア語で「王様だけのもの」という意味。薬で治せなかった王様の病気をモロヘイヤを食べたことで治してしまったという伝説を持つ野菜なんだとか。残暑に打ち勝つパワーを補えるモロヘイヤのおすすめアレンジレシピをご紹介します!

冬瓜だけど夏野菜!夏こそしっかり食べたい、おすすめ冬瓜アレンジレシピ7選

冬瓜は、冬の瓜と書きますが実は夏に旬を迎える夏野菜なんです。身体にこもった熱を冷ます働きや夏バテ改善にも効果のある冬瓜は、まさに暑さが厳しいこの時期に食べておきたい食材。今回はそんな冬瓜をおいしく食べるおすすめのアレンジレシピをご紹介します。