土と金属がつくる最高のお鍋。注目の土鍋「ベストポット」とは?

土と金属がつくる最高のお鍋。注目の土鍋「ベストポット」とは?

三重県四日市市の特産品である萬古焼と鉄の鋳物。その2つの異素材をかけ合わせてつくった無水鍋「ベストポット」が2018年4月に発売予定です。この製品に懸ける職人の想いと技術がテレビで紹介されたこともあって話題沸騰中。今ならクラウドファンディングサイトにて割引で買うことができるので、ぜひ早めにチェックしてくださいね!

職人たちが本気でつくった!無水調理もできる土鍋

「おいしく食べてもらいたい」「作ったものは残さず食べてほしい」「健康になってもらいたい」。作り手が料理に込めた想いまで逃がすことなく調理できる鍋があったなら……。

無水鍋「ベストポット」は、三重県四日市市の中村製作所で日夜技術を磨く職人さんたちの切なる思いから生まれました。新しい土鍋として注目を集めており、さまざまなメディアでも特集が組まれているので、ご覧になった方もいるかもしれませんね。

発売以来、蓄熱調理ができる新しい土鍋として人気沸騰中のベストポット。人気の秘密は一体何なのでしょうか? その魅力を、たっぷりとご紹介します!

best pot(ベストポット)ブランドサイト

ベストポットの特徴

食材を芯からあたためていつまでもホカホカ!

鍋の本体部分は、三重県四日市市が産地の伝統工芸品である萬古焼(ばんこやき)。萬古焼はじつは土鍋の国内80%のシェアを占めているので、「家にあるよ」という方も多いのでは? ちなみに私の実家でも愛用しています♪
その特徴は加熱しているときの温度上昇がゆるやかな上に遠赤外線放射率が高いので、食材を芯からじっくりあたためてくれるのだとか。

さらに鍋内部には阿蘇山の火山灰を釉薬として使用。それによって鉄分が多く含まれ、遠赤外線を高いレベルで安定的に放射し続けることができるようになりました。

おまけに熱を蓄えることもできるので、余熱調理もお手の物。煮物、スープ、蒸し焼きに向いていて、「ブリ大根」も中までしっかり味が染みこみますよ!

食材のおいしさを引き出す独特の羽釜形状

鍋全体にまんべんなく熱を伝えられるように羽釜形状の釜にしたほか、鍋の中で熱が対流するように鍋を二層構造にアレンジ。熱が食材にしっかり伝わるからよりおいしく調理することができ、ごはんもふっくらとおいしく炊きあがります。

実際に計84名のモニターの方を対象に、「ベストポット」と「無水鍋」(他社製品)と「炊飯器」(他社製品)とで同じお米、同じ水を使用して炊いたごはんを食べ比べてもらったところ、「一番、甘みや香りが出ていた」という結果が出ました。今のおうちのごはんに満足していない方にこそ、試してもらいたいです!

隙がないからうまみも栄養も逃さない

無水調理ができる鍋にとって重要なのが鍋の気密性。「ベストポット」の蓋にはそれなりに重量のある鉄の鋳物を選び、内側からふつふつと沸き起こる蒸気が逃げてしまうのを防いでいます。
さらに高精度に蓋と鍋を削ることで、食材のうまみ成分や水分を閉じ込めて逃がしません。いざ食材を入れて調理すると、「この食材ってこんなにおいしかったの!?」と驚くはずです。

▲蓋部分は鉄鋳物にホーロー加工したものを使用。裏側の中央部分の隆起が内部の空気を対流させ、蒸気を効果的に循環してくれます。
また、フィボナッチ数列に基づき突起を配置することで、素材のうまみを含んだ蒸気を効果的に水滴に変えて無水調理が楽しめます。

おしゃれなデザインにも注目!

蓋(鉄)と鍋(土)の異素材をMIXしたデザインが楽しく、見た目にもおしゃれ。カラーは「ブラック」「ホワイト」「ピンク」「ピスタチオグリーン」「マスタードイエロー」の5色で、サイズは1~2人用の16cm(1.6L)、2~4人用の20cm(2L)、4~6人用の25cm(3.4L)、25cmの浅型形状(2.7L)の4サイズ。今後新規サイズ展開の予定もあるそうなので、要チェックですね!

リアル下町ロケット!中村製作所の自信作

1914年(大正3年)創業の中村製作所は、「空気以外は何でも削ります」という想いのもと、さまざまな業界や分野の部品加工を手掛けてきた老舗。長年機械の加工で培ってきた高精度な切削技術は他社にない強みで、リアル下町ロケットとして、航空宇宙産業の部品加工にも携わっています。「ベストポット」にも、そんな彼らの「想い」がたっぷり。その使い心地をぜひあなたの手で確かめてみてください。

best pot(ベストポット)ブランドサイト

待望のIH対応「best pot IH」も新登場

かねてより要望の多かったIH対応のベストポットがついに登場。
鍋底のカーボンプレートにより、IH対応を可能にしました

ガス火で調理するときと同じ蓄熱性が実現されています。

IH対応ベストポット|bestpot IH | bestpot(ベストポット)

製品情報

【商品ラインナップ】
●直火対応 16cm
直径:約16cm 幅(持ち手含む):約21cm
深さ:約9cm 高さ(蓋含む):約13.5cm
重量:鍋1.1kg、蓋0.7kg 計1.8kg
1~2人分のシチューやカレーを作れます。

●直火対応 20cm
直径:約20cm 幅(持ち手含む):約24cm
深さ:約10cm 高さ(蓋含む):約14.5cm
重量:鍋2kg、蓋1kg 計3kg
2~4人分のシチューやカレーを作れます。

●直火対応 25cm
直径: 約25cm 幅(持ち手含む): 約30cm
深さ: 約14cm 高さ(蓋含む): 約19.5cm
重量: 鍋3.5kg、蓋2.2kg 計5.7kg

●直火対応 25cm shallow
直径: 約25cm 幅(持ち手含む): 約28.5cm
深さ: 約9cm 高さ(蓋含む): 約14.5cm
重量: 鍋2.4kg、蓋2.1kg 計4.5kg

●IH対応 20cm
直径: 約20cm 幅(持ち手含む): 約24cm
深さ: 約10cm 高さ(蓋含む): 約14.5cm
重量: 鍋2.7kg 蓋1.3kg 計4kg
素材: ステンレス・カーボン・セラミック・鋳鉄・ホーロー

■仕様
・鍋本体……萬古焼(陶磁器)※内部に阿蘇山の火山灰を釉薬として使用
・蓋……鉄鋳物にホーロー加工

■カラーバリエーション
・ブラック
・ホワイト
・ピンク
・ピスタチオグリーン
・マスタードイエロー

※レンジ、オーブンなどは蓋を外せば使用可
※ラジエントヒーター、ハロゲンヒーター対応可
※仕様、名称などは予告なく変更する事もございますのでご了承ください。

(text by コノ)

関連記事:

無水調理鍋「best pot」を大活用!ヘルシーな梅雨支度料理イベントレポート
熱も旨みも逃がさない!蓄熱調理ができる土鍋「best pot(ベストポット)」
【イベント開催レポ】ベストポット大活用!料理もスイーツも土鍋でおいしく調理
火加減いらずで絶品ごはん!ベストポットで作るとっておきレシピ「ごはん編」
短時間で旨味を引き出す!ベストポットで作るとっておきレシピ「スープ・鍋料理編」
土鍋 鋳物鍋 ごはん best pot(ベストポット)
記事に関するお問い合わせ