手作りチョコレートを贈りたい! 簡単なめらかリッチな生チョコレートのレシピ

手作りチョコレートを贈りたい! 簡単なめらかリッチな生チョコレートのレシピ

2月のイベントといえば、バレンタイン。やっぱり王道のチョコレートを手作りしてみたいですよね。今回のLoversコラムでは、おしゃれなスイーツでおなじみのユータさん(@yutaokashi)に、とろける生チョコレートのレシピを教えていただきました。ショコラティエ気分でチョコレート作りを楽しんでみてくださいね。

バレンタインといえば、やっぱりチョコレート!

みなさんこんにちは!ユータ(@yutaokashi)です。

2月に入り、世間はバレンタインモード全開ですね。
「今年のバレンタインは手作りチョコレートを作って贈るよ」という方はいらっしゃいますか?

作ろうとは思っているけれど、まだ何を作ったらよいのか迷っている方がいたら、とろける舌触りの生チョコレートの作り方をおすすめしたいと思います。
材料はたった5つ。そしてワンボウルで混ぜていくだけでなので、とっても簡単ですよ。

それでは、さっそく材料を用意しましょう。

材料(12cm×16cmの型 約30個分)

・クーベルチュール・チョコレート(スイート)……200g
・生クリーム(動物性)……150g
・無塩バター……30g
・水あめ……15g
・ココアパウダー……適量

ちょうどいい大きさの型が無い場合は、チョコカップで代用してもOKです。

作り方

1. ボウルにチョコレートと無塩バターを入れ、湯煎で溶かす。
※チョコレートはあらかじめ細かく刻んでいると溶かしやすいです。

2. 鍋に生クリームと水あめを入れ、弱火で水あめが溶けきるまでヘラで混ぜながら温める。
※沸騰させないように注意しましょう。

3. 2のボウルに温めた生クリームを3回に分けて入れる。

4. 生クリームを入れるたび、ボウルの中心部分に小さな円を描くようホイッパーを小刻みにまわす。
※心を落ち着かせて、急がず焦らずゆっくりと……。

5. クッキングシートを敷いた型にチョコレートを流し入れる。
※チョコカップを使用する場合はバットにチョコカップを並べ、スプーンを使いチョコレートをカップに入れましょう。

6. 冷蔵庫で固まるまで冷やす。

7. チョコレートが固まったら食べやすい大きさに切る。

8. ココアパウダーを適量敷いたバットに入れ、フォークなどを使い生チョコレート全体にココアパウダーをつけたらできあがり!

試食してたら無くなっちゃった! なんてことのないように!

基本の生チョコレートができたら、お好みでアレンジを

贈る人にあわせて、レシピをアレンジしてみましょう。
ひと工夫加えるだけで、より特別なチョコレートができますよ。

コーヒー好きやお酒好きの人には、プラスでアレンジを

【モカ風味生チョコレート】
手順2で温め終わった生クリームにインスタントコーヒー小さじ2~程度を入れてモカ風味に。

【ラム酒で香り付け】
手順2でラム酒やブランデー小さじ2を入れ、香りづけをします。

どちらも味や香りをたしかめながら、お好みの分量で調整してくださいね!

フルーツが好きな人には、いちごを組み合わせて!

フリーズドライされたいちごに生チョコレートを纏わせると、とってもチャーミングな仕上がりに! フルーツが好きな人にもおすすめのアレンジです。

ショコラティエ気分でチョコ作りを楽しんで!

いかがでしたでしょうか?
材料も工程もシンプルでとても簡単。今年のバレンタインはショコラティエになったような気持ちで、ぜひともチャレンジしてほしい生チョコレートです。

serve!!!

インスタグラム@yutaokashi

@yutaokashiさんの他のコラム

まるで美容スイーツ!? お肌にうれしいトマトゼリーで夏もキレイを目指そう
秋の味覚がたっぷり。さつまいもと栗を使った、贅沢モンブラン風パフェ
スイーツで身も心もポカポカに。越冬スイーツ「生姜パンナコッタ」はいかが?
クリスマスが待ち遠しくなる。「アメリカンベーキング」スタイルのクリスマスケーキ
冬はおうちで濃厚スイーツを。りんごがごろごろ「NYチーズケーキ」を作ろう!
スイーツ チョコレート バレンタイン yutaokashi
記事に関するお問い合わせ